生活に見合った支払い|炭の家が叶える理想の住宅|生活の拠点を快適にしよう

炭の家が叶える理想の住宅|生活の拠点を快適にしよう

内観

生活に見合った支払い

住宅

不動産ローンについて知っておこう

住宅を購入する場合には住宅ローンや不動産ローンを組む人がほとんどです。 一戸建て住宅が流行り始めたばかりの頃は、ローンを組もうにも法整備がされておらず、ローンを組むことができないことがあり、自分で住宅を購入することはなかなかできない時期がありました。 やがて法整備がされたことで、ローンを組む人が増えてきたのです。 ローンを組む場合には、金利が重要になります。バブルのことは金利が7パーセントぐらいの頃がありました。今から考えるとどう考えても以上ですが、例えば2000万円を借りたら、返す時には4000万円返さなくてはならない感じだったのです。当時、不動産を購入して20年以上のローンを組んでしまった人は、いまだにそのローンを払い続けている人もいるようです。

結局ローンはお得なのか

最近は、審査基準が比較的緩い長期ローンも増えています。これにより30年や35年かけてローンを組む人もいます。 通常の住宅ローンと不動産ローンであれば、住宅を購入する場合は住宅ローンのほうが得だと言われていますが、長期的に組むのであれば不動産ローンでも住宅ローンでもどちらもそこまで変わらないのではないかと思います。 問題は、金利です。長期的にローンを組む場合は10年長くローンを組むだけで金利が1000万円も違うこともあります(もちろん借入額にもよりますが)。 このようなことを考えると、単に金利が安いから住宅ローンや不動産ローンを組むよりも、できるだけ頭金を貯めてからローンは組むことで、余分な負担を避けることができるはずです。