地盤改良|炭の家が叶える理想の住宅|生活の拠点を快適にしよう

炭の家が叶える理想の住宅|生活の拠点を快適にしよう

内観

地盤改良

つみきの家

2通りある地盤調査の方法

住宅を建築する場合には、土地の地盤が重要です。軟弱地盤であれば、住宅を建てても傾いたり歪んだりすることがありますので、あらかじめ、地盤に問題がないかどうか地盤調査を行って、必要に応じて地盤改良を行わなければなりません。地盤調査には、大きく分けて2通りの方法があると言われています。1つは、一般的な方法であるスウェーデン式サウンディング試験で、簡便かつ安価に検査を行うことができます。もう1つの方法は、表面波探査法と呼ばれるものです。どちらも地下の試料を直接採取するものではありませんから、地層がどのような状況であるかを明確に把握できるわけではありませんが、点で調査するスウェーデン式サウンディング試験に比べると、面で調査する表面波探査法の方が、埋設物に影響されず指示地盤の厚さまで調査できると言われています。

地盤調査と地盤改良は別の業者に依頼する

いずれの地盤調査を実施するにしても、気をつけなければならないのは、我が国の地盤改良分野では、ほとんどの場合、地盤調査を行った業者が地盤改良工事まで行っているということです。調査と施工を同じ業者が行なう場合には、地盤改良工事の必要性が不透明になり、不必要な工事をしているのではないかという疑念が生じてしまいます。住宅を請け負っているハウスメーカーも地盤の専門家ではありませんし、安心して住宅を建築するためには、過度であっても地盤改良をきちんとしてもらった方が安心ですので、業者に判断を任せる場合がほとんどです。不要な地盤改良工事は、産業廃棄物により土地自体の価値を下げてしまうこともありますので、地盤調査と地盤改良は別々の業者に依頼することが必要です。